オーナーブログ

ギャラリー我が家 有田焼 聡窯

有田焼 聡窯 辻聡彦

HP「ギャラリー優美彩華きくち」を2015年正月に公開、そのHPにて聡窯さんをご紹介させていただいている旨のご挨拶を兼ねて、2015年3月に訪問しました。

JR上有田駅(佐世保線)から徒歩1分のところに総窯の煙突と共に大きな工房があります。

http://www.geocities.jp/sohyohsaga/showroom.html

工房前に駐車をして、まずは奥様に案内されてショールームへ、さらに工房の作業場まで案内していただき、作業・作品の特徴について説明をしていただきました。あいにく、ご主人は出張でご不在でした。

ショールームに戻る途中、ちょっとした傷がある作品が並ぶ棚を案内していただきましたが、そこで驚きの発見がありました。

 花器 エッフェル塔からモンマルトルの丘・サクレクール寺院

IMG_0116

IMG_0106

 

 

いわゆる大仕事・ボクートラバーイ(フランス語の褒め言葉)の作品でした。

聡窯の特長は、成型後のまだ半乾きの状態で線を刻んだり盛り上げたりすることです。

土の様々なめくれ具合により立体感や奥行きが生まれている作品で、特にライト類の丸く盛り上げているところがたまりませんでした。

そして、エッフェル塔からモンマルトルの丘までの市街図を正面はもちろん、花器の横面まで描かれていますし、さらには裏面にも淡い空まで描かれていて、本当に大仕事・ボクートラバーイの作品です。

日本で、有田焼で、聡窯で、パリ駐在の記念にと思い購入しました。