オーナーブログ

ギャラリー我が家 有田焼 仁窯

有田焼 仁窯 小畑祐司

 

2018年12月26日

仁窯・小畑裕司さんの作陶展が、福岡三越9階・岩田屋三越美術廊で開かれるとのことで早速見に行きました。

日本人の心の花ともいえる「桜文様」の作品を中心に、色絵の美しさを花器や香炉などの美術品をはじめ、コーヒー碗皿やマグカップ、ぐい呑みやそば猪口まで多数の作品が展示されていました。

美術廊には小畑裕司さんがおられ、直接にご案内をされておられましたので、以前お会いして下記香炉を購入させていただいた旨のお話をすると共に、今回も精密な筆遣いで表現されている「桜文様」が豊富で素晴らしいマグカップが目に留まりました。

???????????????????????????????

???????????????????????????????

 

2015年5月

有田焼卸問屋街・有田陶磁の里プラザ http://www.arita.gr.jp/ に何度か行った際に、あるお店で、桜が咲き誇り桜色に染まる壺の作品を見た時には感動しました。

HP「ギャラリー優美彩華きくち」を2015年正月に公開、「仁窯」さんをご紹介させていただいている旨のご挨拶を兼ねて、2015年5月に訪問しました。

当日は、ご主人がおられず、奥様にショールームを案内していただくと共に、ご主人が一人で作業全てをこなされるご苦労話を、さらには「仁窯」のテレビ報道で俳優・中尾彬ご夫妻が来られたことなどもお話しいただきました。
そして、ショールームに並ぶ作品の中で、香炉の形としては、他には無い珍しい作品が気になっていました。

あまごと桜文筒香炉

IMG_0161 IMG_0155

特長である桜・枝・葉が香炉周りにバランス良く描かれていて、桜色が明るさを感じさせてくれています。

また、蓋にある香抜けの穴の形がそれぞれに違い、それらを上手くすり抜けて桜・枝・葉が描かれていて、作業の繊細さを感じました。

さらには、下に魚が描かれていて、頭から尻尾までひれやうろこがともかく細かく描かれていて、感心してしまいました。

 

そして、仁窯・小畑祐司さんにお会いしてご挨拶と共にいろいろなお話が出来ましたし、作品を購入させていただきました。
宅配にて我が家に送っていただきましたが、ご丁寧な挨拶文が同封されており、大変感激しました。